診療時間

産後骨盤矯正

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 産後の肩こりや腰痛に困っている
  • 産後、冷えやむくみがひどくなった
  • 恥骨の痛みがあり、少しの衝撃で尿もれが起きやすい
  • 頭痛やめまいがひどく、家事もままならない
  • 出産前の服が未だ入らない
  • 骨盤矯正をしたいけど、痛そうだから不安

産後の骨盤の状態とは?|恵庭市 やまだ整骨院グループ てて整骨院 恵庭院

出産時は、どんな人でも骨盤が大きく開きます。産後は、身体が自然と骨盤を元に戻そうとし、ホルモンを出すことで徐々に骨盤が元の状態へと戻っていくのです。しかし、出産をする前から骨盤や骨格に歪みがある場合や、育児や家事、仕事によるストレスがある、あるいは生活リズムの乱れがある場合は、骨盤の戻りに影響してしまうことがあります。

産後骨盤矯正は、自分の力で骨盤を元に戻すのが難しくなった人へのサポートを行います。そうすることで骨盤を元の正しい状態へと調整し、産後の不調を改善することができるのです。

骨盤の開き・歪みをそのままにしておくと?

  • 「骨盤がずれていても、そんなに問題はないですよね。」
  • 「なかなか外出もできないし、施術ほどでもない。」

と、意外と骨盤の開きや歪みについて重要視せず、放置している人も多いのが現状です。

確かに、骨盤の開きや歪みは命に直接関係することではありません。しかし、あらゆる不調を引き起こしてしまう可能性はあるのです。骨盤の開きや歪みを放置してしまうと、骨盤周辺の筋肉が引っ張られることにより硬く強張っていきます。そのため、O脚が悪化したり、腰痛や関節痛を引き起こしたりする原因となってしまうのです。

また、筋肉のこわばりは血管を圧迫する引き金となります。血行不良による冷えや便秘、むくみ、内臓機能低下、自律神経の乱れが起きると、長い間不調に悩まされることになってしまうのです。

そのほかにも、内臓の位置が変わってしまうこともあり、下腹がポコっと出てしまうというような体型の変化も著しいものがあります。

早めの産後骨盤矯正がおススメです|恵庭市 やまだ整骨院グループ てて整骨院 恵庭院

妊娠中は胎内の赤ちゃんが成長するにつれ、骨盤の周りのインナーマッスルが常に引き伸ばされた状態になります。つまり、正常に機能している状態とは言えないのです。

身体は産後、ゆっくりと時間をかけて正常な状態へと戻っていきます。

しかし、その間も骨盤は開いた状態のままで、姿勢をさせる役割を持つインナーマッスルも緩んでいることでしょう。

骨盤や姿勢がグラグラした状態のままで、家事や育児に勤しんでしまうと、その歪みはますます大きくなってしまいます。身体の不調を引き起こさないためにも、産後の悪露が落ち着いたら、産後骨盤矯正を始めることをおすすめします。

当院の産後骨盤矯正は?|恵庭市 やまだ整骨院グループ てて整骨院 恵庭院

当院へ骨盤矯正に訪れる人は、整骨院デビューという方から、何度か来院していただいている方まで様々なケースがあります。どの方も、「矯正」という単語に、「多分、痛いだろうな」といったイメージを抱いて来院されます。

しかし、当院の施術は身体を撫でるような実にソフトな施術です。当然、痛みはほとんどありません。

筋肉の強張りを優しく丁寧にほぐしていき、骨盤を少しずつ正常な位置へと戻していきます。

産後の骨盤の歪みが気になるという方、矯正を望む方は、ぜひ当院へご来院ください。

お問い合わせ

  • やまだ整骨院グループ てて整骨院 恵庭院  0123258988
  • LINE

診療時間

住所
〒061-1445
北海道恵庭市新町30-1
アクセス
駐車場完備