診療時間

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 長い時間同じ姿勢で過ごすと、お尻や足が痛くなる
  • 長時間歩くとだんだんと足が痺れ休みたくなる
  • なんだか腰が痛い
  • 起き上がる際や立ち上がり時に痛みが出る
  • 腰や太ももなどの痛みのために不眠がち
  • 前かがみになると痛みが強くなる感じがする
  • 足の指先に力が入りにくく歩きづらい

なぜ脊柱管狭窄症は起こるのか|恵庭市 やまだ整骨院グループ てて整骨院 恵庭院

脊柱管狭窄症の原因は、身体の歪みや長期不良姿勢(ソファーやイスに長時間悪い姿勢で座る事)です。人間の体の中心を支えている腰は要と書くように身体の基礎になる部分で、お腹の奥深くにある筋肉や骨盤周りの筋肉、背中の筋肉などがあります。しかし長時間の座り姿勢や立ち姿勢により身体に負荷がかかりすぎて猫背や背骨の歪みを引き起こし、さらに痛みなどで重心が偏ってしまい骨盤や腰回りに多大な影響を及ぼします。その結果痛みやしびれなどを引き起こしてしまうのです。

脊柱管狭窄症をこのまま放って置くと?|恵庭市 やまだ整骨院グループ てて整骨院 恵庭院

脊柱管狭窄症をほったらかしにしてしまうと、立ち上がり時や起き上がり時に痛みが発生しやすいです。また歩行で疲れやすくなり途中で座ってしまったりと間欠性跛行という症状が出てきたりします。また症状が進むと変形が進み不可逆的な変化を起こし手術適応になる場合があります。また腰が曲がってしまい結果的に全身症状へと変化していくので早めの治療がベストです。

脊柱管狭窄症に対する当院の施術方法|恵庭市 やまだ整骨院グループ てて整骨院 恵庭院

当院では、なかなか改善しない坐骨神経痛や脊柱管狭窄症の原因を、身体の歪みや全身の筋肉の疲労などからくる物と捉えています。そのため、本当の原因となる箇所を見定め、しっかりとヒアリングを取りながら身体全体を念入りに検査いたします。

もちろん、当院が一方的に決めて治療を進めるわけではなく、患者様とともに今現在抱えている問題や悩みを理解しながら進めることが大切です。そうすることで安心感が深まり、より改善へと進むことが出来ます。根本的な原因が明るみになれば、それぞれの原因に見合った一番良い方法でアプローチできるのです。

当院では緊張により硬くなってしまった筋肉が本来の動きを取り戻していけるように、バランスよく調整し、歪んでしまった骨盤や骨格を正常な位置へと戻していきます。もちろん、整えて終わりではありません。身体は記憶してしまった姿勢に戻ってしまう習性があるため、日常生活の動きなどを指導し皆様の早期改善につながるよう施術後のアフターケアもしっかりと丁寧にお伝えします。

もう手術しかないだろうと落胆している方、諦めてしまっている方へ。諦めなくても大丈夫です!

ぜひ、私たちにおまかせください!一緒にじっくりと身体と向き合い、本来あるべき正常な身体を取り戻していきましょう。

お問い合わせ

  • やまだ整骨院グループ てて整骨院 恵庭院  0123258988
  • LINE

診療時間

住所
〒061-1445
北海道恵庭市新町30-1
アクセス
駐車場完備